« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日曜日)

旦那さまのココロ

先週の生検手術以来、旦那さまとゆっくりと時間を過ごしました。

手術後はさすがに発熱もしたのでひたすら寝る旦那さまを見守り、徐々に熱や痛みが引いてからは2人で病室のベッドでテレビをゆっくり見たりしていました。

ここが病院であることを除けば、そして旦那さまが健康であれば、それはとても穏やかな日々でした。

沢山の方がこの土日にお見舞いに来てくださり、励ましていただきました。

病室のベッドでひたすらテレビを見て本(まんがですが・・・)を読む旦那さま。

「何か読みたい本とか、これを機に勉強したいことってある?」

ずっと入院中何しようか悩んでいた旦那さまに聞いてみました。

「う~ん・・・」

「何かしたいとか?」

そういう気力が起きないか・・・。あまりつっこんで聞くのはやめよう。と思いました。

小さな声で旦那さまは

「・・・ウインド」

言葉につまりました。

私は旦那さまの腫瘍が悪性だと分かったときからずっとココロに引っかかっていたことがあります。

GW、ウインドサーフィンをやりたがる旦那さまに、お医者様からスポーツを控えるように言われたのもあって、ウインドサーフィンをやらせませんでした。(このときは良性・悪性の検査結果待ちのときです)

そのとき、

「もし悪性だったらもうできないかもよ?」

なんて冗談ぽく言う旦那さまに、

「なんでそんなこと言うの・・・」

と悲しく返事をした私がいました。

やはりあの時ウインドサーフィンをやらせてあげれば良かったのかな。。。という想いがありました。

旦那さまに思わず聞いてしまいました。

「GW、ウインドサーフィンやっておけばよかった?」

なんという聞き方なんでしょう。。。我ながらココロない発言が嫌になりました。

でも旦那さまは

「いや、それを目指してがんばるよ。」

目には涙が・・・

「絶対できる。絶対ウインドサーフィンやろう。ね。」

私は旦那さまを抱きしめました。悪性であることがわかって初めて旦那さまが私の前で見せた涙でした。

病気が分かってから何度か悲しい顔をして、目が潤んでいても涙を流すことはなかった旦那さまが・・・

何があろうとウインドサーフィンができるようにしてあげよう。と思いました。

万が一足を切断することになったとしても。。。

旦那さまは必死に病気を受け入れようと努力しています。

旦那さまと私は「お互い一人で泣くのはやめよう。」と約束していました。

それでもきっと旦那さまは足を切断するかもしれない恐怖と戦い、何度も涙を流していると思います。

それでも受け入れようとしています。

旦那さまのココロは今一生懸命前を向こうとしています。

今週から抗癌剤治療が始まります。

抗癌剤が少しでも腫瘍を小さくしてくれることをココロより祈ります。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月26日 (金曜日)

実は・・・

最近あまりにも暗い内容ばかりなので、今日は嬉しい報告を。

実は妊娠してるらしいです。

生理予定日からまだ4日ほどしか遅れていないのですが、妊娠検査薬は陽性反応が出ました。

もちろんまだ早いので病院には行っていません。

実は今回、かなり策略的な妊娠なんです。

排卵検査薬を使ったりしました。

一月の流産の時に最後、先生が「まぁ、次は6月くらいに来るでしょう。」と言ってくれたのが私にとってはとにかくココロの支えになっていて、

絶対6月に妊娠する!と信じていたんです。

ちょうど排卵の時期と休みも重なって。。。笑

旦那さまは調度検査結果を待っている状態でした。この頃は良性であることをココロから祈っていたころです。

でもまさか本当に妊娠できるとは思っていませんでした。

前のこともあるし、流産の恐怖は正直言ってあります。

しかも今は精神的にも身体的にも少し疲れている状態です。

でもきっと今度はちゃんと育ってくれるよね。と毎日祈りながらあと2週間後くらいに病院に行く予定です。(前回は行くのが早すぎたようなので。笑)

ちょっと生理痛のような痛みが腰にあるのが気になりますが、きっと大丈夫!と信じています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水曜日)

実感

旦那さまが入院して1週間。

実質病院で寝食しているのは5日くらいですが、ようやく旦那さまが入院している実感がわいてきたように思います。

何度家に帰っても旦那さまは居ません。「ただいま」と言っても返事はありません。

夜遅くに旦那さまが帰ってくるチャイムも、鍵を開ける音もありません。

旦那さまの病気が発見されて、ずっと考えていました。

本当に旦那さまは病気なのか?癌なのか?

正直、実感がないんです。「全部嘘でした。全部誤診でした。」ってことがあるんじゃないかって思っていました。いえ今でもそう思ってるかもしれません。

検査をするたび、先生と話すたびに、希望を持って後ろ向きに考えないように、よい方向にむかうであろう、よい結果を聞くことができるだろう。とずっと思っていました。

ことごとくそれは裏切られてきました。

今日旦那さまは生検の手術をしました。始めに発見された腫瘍の奥にもう一つの腫瘍が発見され、その腫瘍が悪性であるかどうか、またそもそもこの細胞がどんなものであるかを調べるためです。

奥に発見された腫瘍は血管に近いところにあり、悪性であれば、それは転移を意味します。これが良性であってほしいと昨日一日祈っていました。

でも、手術が終わって先生からは、「残念ながら奥のものも悪性でした。」とのお話。

愕然としました。でも一方でどうしても受け入れられない自分がいます。

何かの間違いでは?これは旦那さまの話なの?本当の話なの?

また、家族に「頑張って。前向きに頑張ろう」という言葉をもらうたびに憤りを感じるようになっている自分もいます。

その言葉が他人事のように聞こえて腹が立ってしまうのです。

私は何がこんなにつらいんだろう。旦那さまの病気を受け入れられていないのに。

・・・ふと、結局旦那さまがそばに居ないことが寂しい。それがつらいだけなんだと気付きました。

なんて自分本位な感情だと我ながら驚きました。

旦那さまは痛い想いをし、病気と一生懸命向き合おうとしています。

なのに私はそれを受け入れられずに、ただ寂しいと思っているだけなんです。

自分の傲慢な弱さと情けなさを感じるばかりです。

でも旦那さま、私はあなたを愛しています。

ただそれを実感する毎日なんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日曜日)

みんなにありがとう

旦那さまは入院してすぐ外泊願いを出して、金曜日の昼から日曜の夜まで家に帰ってきました。笑

早く入院させてくれと言っておきながら、入院できたら外泊させてくれ。

病院もおどろいたでしょう。笑

でも特に検査もない土日、まだ顔色もよく、食欲もある旦那さまを病院に置いておくのはかわいそうなので、家でゆっくり過ごすために外泊願いを出しました。

土曜日は2人でゆっくり過ごしました。

膝枕をしてあげてテレビを見て、買い物行って、おいしいものを食べました。

旦那さまが病気になったことを知った家族は次々に連絡をくれました。

旦那さまや私を励ます電話ばかりです。

そして家に戻っているのなら。と様子を見に遊びに来てくれました。

チビたちも連れて。

旦那さまのお姉さまからは「これ以上大切な人を悲しませないように・・・ゆっくり、しっかり治しなさい」と涙なくしては読めない手紙もいただきました。

沢山の人から暖かい言葉をもらいました。

それはこのブログのコメントもそうです。

それがどれほど支えになっているか。

どれほど前向きな気持ちにさせてくれたか。

本当にみんなに「ありがとう。」を言わなくてはいけません。

本当にありがとう。

まだ始まったばかり、いえ、もしかしたら、まだ本当の戦いは始まっていないのかもしれません。

これからも、きっと周りのみんなに励まされながら、乗り越えていけると信じています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木曜日)

乗り越えなきゃいけない。。

いよいよ今日から旦那さまは入院しました。

肉腫の細胞診では悪性の診断。さらにそのなかでもやっかいな肉腫の可能性が高いとのことです。

転移や進行度、悪性度、先生にいろいろ聞きたいことはあるけれど、先生も詳細な検査結果がでないことにはあまり下手なことを言って不安にさせるのは良くないので・・・と口を濁していました。

ただ最悪の場合、リンパ節の転移も考えられ、足の切断の可能性も・・・

言葉を失いました。先生の説明を聞きながら涙があふれるのをぐっと堪えました。先生はおそらく私を見て、詳細の説明を控えたのでしょう。

旦那さまは・・・一見すると冷静に受け止めています。

でもココロの中は。。。それを思うと胸が締め付けられます。

旦那さまはどんなにか恐怖を感じていることでしょう。

私は何もしてあげられない。ただ旦那さまを支えなければいけない。

不覚にも今日私は診察のあと、旦那さまの前で泣いてしまいました。

旦那さまは私を心配します。

そうじゃないのに。一番つらいのはあなたなのに。私の心配をさせてしまった・・・

旦那さまが治療に専念する為に私は旦那さまを支えると決めたはずなのに。

今日から旦那さまは入院しました。

今どんなに心細い夜を送っていることでしょう。そばにいてあげられないもどかしさ、旦那さまを心配させてしまった自己嫌悪。

ねぇ旦那さま、私はあなたの生命力を信じています。

癌に負けないって信じています。

あなたが頑張る限り私はあなたを支えていきます。

だから、あきらめないでがんばろうね。

病気と向き合って闘おうね。

今は詳細な検査結果が少しでもよいものであることをココロから願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月曜日)

戦闘モード!

昨日の記事に励ましのコメントをいただいて、本当にありがとうございます。

金曜日に会社にいるときに検査結果を電話で旦那さまから聞いて、仕事どころじゃなくなってすぐ仕事を切り上げてから、気分がずっと落ち込んでいました。

ただ、旦那さまの前では泣くまい。と思っていました。

でも次々に家族から電話をもらって優しい言葉をかけてもらうたびに涙があふれました。

どうしたらいいんだろう。

どうしたら旦那さまを助けてあげられるんだろう。

ついに旦那さまの前でおお泣きしてしまいました。

旦那さまは

「泣いていいんだよ。愛を感じるから。笑」

といって頭をなでてくれました。でも私よりつらいのは旦那さまです。

弱い自分に自己嫌悪。。。

明らかに冷静さを失っていました。去年母が病気で倒れたときよりずっと冷静でいられなくなっていました。

私がしっかりしなくてどうする!自分に言い聞かせました。

周りの人に沢山励まされました。

今日、旦那さまと一緒に病院へ行きました。先生といろいろな話をして、ようやく戦闘モードになりました。

よし、戦うぞ!旦那さまは私が守らなくちゃ!

今後もこのブログは続けていくつもりです。

旦那さまが病気と向き合うところもどんどん書いていくつもりです。(旦那さまに許可はもらいました。笑)

去年母が倒れたとき、私は自分のPCに母の闘病記を書いていました。

同じ病気の人がこれを読んで励まされたらいいな。と思ったことがあります。

だから、旦那さまが病気と向き合うところを今回はブログに残していきたいと思います。

いろいろ大変なことがあるだろうし、どこまで続けていけるか分からないけど、できる限り続けていくつもりです。

更新の頻度や皆さんのところにコメントを残すことが少なくなるかもしれませんが、頑張りますので、暖かく見守っていただけると幸せです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日曜日)

ついに。

ここ何週間か消化不良のような状態で毎日を過ごしていました。

それは旦那さまも同じだったと思います。

いえ、旦那さまの方が私よりもずっとずっとつらい毎日を送っていたでしょう。

はじめて病院に行ったのは4月の末。

旦那さまはふくらはぎにしこりがあるのに気付き病院へ。

MRIや血液検査をしていく中でしこりは大きくなり、旦那さまは歩くのにも違和感を覚えるようになりました。

GW直前、生検を行いしこりの細胞がどういうものかを調べることに。

GW、海へ行ってウインドサーフィンをしたい気持を抑えて、二人でのんびりと過ごしました。お医者さんからスポーツは控えるように言われていたからです。

生検の検査結果は15日に。という予定が、旦那さまの調子が悪くなり、金曜日に急遽病院へ一人で行ったところ、検査結果の通知。

15日、私も一緒に検査結果を聞くつもりが旦那さま一人で聞く羽目になってしまいました。

結果は・・・・悪性。

どんなにか一人でその検査結果を聞いてショックだったことでしょう。

気丈に私に電話をしてきて「悪い細胞だったみたい。」と報告。

私もそれを聞いて愕然としました。

悪性の肉腫。。。。どうなるんだろう。

「でもその種類とかはもう少し細かい検査をしないと特定できない」とのこと。

ベッドが空き次第入院。

旦那さまの気持を考えると胸がつぶされそうになります。

すぐに入院してすぐ処置して欲しいとあせる気持を抑えながら、セカンドオピニオンを考え、仕事を考え、家のローン・入院費・・・・

さまざまなことが頭をよぎりました。

細胞の種類がまだ特定できない今、どうしても悪いほうに考えてしまう自分がいます。

そしてびびってしまいます。

考えるほど、恐ろしくなってしまいます。

旦那さまは私に心配をかけないよう、つらい気持を抑えて私を心配してくれます。

私は旦那さまの前で泣いてはいけないと想いながらも、抑えられないときもあります。

旦那さま、ごめんね。

私が強くいないと旦那さまも治療に専念できないよね。

お正月明け、旦那さまはインフルエンザの予防接種をうけながらも、インフルエンザにかかりました。

もしかしたらそのときから免疫が落ちてたのかもしれません。

それにもっと注意してあげていれば・・・くやしい。

でも、これから旦那さまを信じて一緒に病気と闘っていこうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水曜日)

タイミング

旦那さまの会社の近くまで行くことがあります。

それは旦那さまが車で帰るときです。一緒に乗って帰るためにです。

先日もそのつもりで旦那さまの会社へ向かっていました。

途中旦那さまから電話が。

「今どのへん?」

「もうすぐ着くよ。今会社と反対側を歩いてるの」

「じゃあその辺で待ってるね」

電話を切ったあと、反対側の道路に旦那さまの車が見えました。

ウインカーを出して右折するのかな?なんて思いながら、私はどっちへ渡るべきかと考えながらしばらく立ち止まってしまいました。

旦那さま側の信号が青になり、旦那さまは車をUターンして私の前へ。

その瞬間、ウゥゥゥゥ~~~~!!!!

!!!!

まさか!!!!

私が旦那さまの車に乗ろうとしているその瞬間、「○○○の車停車してください」と。

おまわりさんが降りてきて、

「ここUターン禁止なんだよね~貴重品と免許証もってパトカーにきて。」

あちゃーーー

呆然としながら旦那さまはパトカーへ。

後ろからパトカーに乗る旦那さまを見ながらタイミングが悪かったな。。。

あとから聞けば旦那さまは右折するつもりが、私が見えたのでそのままUターンにしてしまったのだそう。Uターン禁止は目に入っていなかったみたいです。

あともう少し私が早く、もしくは遅く歩いていれば。あそこで先に信号が青になっていて旦那さまが右折していれば。

もちろんパトカーは暗闇でまったく見えていませんでした。

Uターンした瞬間にすごい音でサイレンを鳴らして走ってきたのです。

すべてのタイミングが悪く重なってしまいました。。。

旦那さまはおまわりさんに「すいませんね~」と言われながら点数を引かれたよう。

「すいませんとか言うなら捕まえるなよ。」と悪態をつく旦那さまの気持も分かります。

私はひたすら悪いことしたな~と思ってました。

タイミングが悪いときってありますよね。。。。

いえ、もちろん道交法は守らなくてはいけませんよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火曜日)

日常と非日常

GWが終わってからいつものように一日一日があっという間に過ぎていきます。

こうしてまた一週間が終わり、夏休みをココロ待ちにする毎日を送ります。笑

私の日常にある景色は高速道路、高層ビル、信号、車、人、人、人

GWには千葉の外房をドライブしました。そこでは海を横目に心地のいい風を受けて走りました。一応ボディーボードをやってた身ですから、ゲレンデチェックも兼ねて。

特に千倉では本当に綺麗な海が見れました。水も綺麗。波も綺麗。

Img_0809_1 沢山のサーファーが波待ちをしているのを見て、今年は久しぶりにやりたいな。

旦那さまは今年はウインドサーファー熱が高いから、サーフィン一緒にしてくれるかな?

そしてそのあとは養老渓谷へ向かいました。

そこでは今度は山を満喫♪非日常の景色っていうのはまさにマイナスイオン出まくりで、ココロが大きくなって普段の疲れが吹っ飛んじゃいますね。

Img_0823

この景色。。。。

ずっとお茶を飲みながら眺めていたくなります。

一方で都会育ちの私はこういう景色を見てから都内に戻ってくるとちょっとほっとしたりもします。

いつかこうしてスローライフを好きなときに好きなように満喫できるときがくるのかなぁ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日曜日)

ゴールデンな一週間!?

いよいよ今日でGWも終わりです。

明日からまた仕事に追われる毎日が始まります。。。

でも今年のGWはいつもと違ってゆっくり満喫できたように思います。

天気にも恵まれて。

初日は海外に行ってた友人が一時帰国していたのでその友人を家に招いて手作りケーキを作ってみました。

Img_0745 友人何人かでゆっくりと家でお茶をしたり、お昼にはウッドデッキに机を出して旦那さまとゆっくりランチをしたり。

引越してきて初めて??ってくらい家でゆっくりと過ごすことができました。

翌日から千葉へ。アクアラインに乗って館山・白浜と普段行かない房総を満喫してきました。天気にも恵まれ、ホテルの食事も美味しくて海を眺めながらのスローライフ。

「こんな生活が続くといいね~」思わず2人して声に出していました。

こどもの日は甥っ子や姪っ子たち、旦那さま方の家族とみんなで川辺でバーベキュー。

とにかく暑い日でした。でも気持よかった~♪

肉もこれ以上無理!!!ってくらい食べて満足。

昨日は私の両親と横浜へ。元町をぶらぶらして、おいしい中華を食べて帰ってきました。

ここでもこれ以上無理!!!!ってくらい食べてきました。

気付けば食べてばかりのGWで、今日は天気も悪いし体を休めるつもりで家でゆっくりと。

体も胃も休めないと。

このGWは旦那さまと時間をゆっくり過ごせたから良かった♪

いつも仕事に追われてばかりの私達だけど、こんなスローライフをいつか送れるようになるのかな。

そうなれるように、また明日からがんばらなくっちゃね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水曜日)

反省

またちょっとサボっちゃいました。。。

気付くと日が過ぎるのが早くて・・・なんていっても言い訳なんですけどね。

さて、いよいよGWに入りました!

といっても私と旦那さまは1日・2日は仕事でした。。。。明日からいよいよ5連休です!!!

ちょっといろいろあってGWは海に行く計画が少し崩れてしまったんですが、前の土日で、パン作りしてみました!!!

Img_0742旦那さまも喜んでくれて、モーニングプレート風にして二人でブランチしました!

たまにこういうことやるのは楽しいですね。

パン作りはパン生地をこねるのが結構ストレス解消になっていいかも。なんて。

普段当たり前のように買って食べているものをわざわざ作るっていうのは気持ち的に贅沢な感じがしていいものです。

今は私の心境として仕事を辞めたいモードが強くて家のことをやるのが楽しい時期なので、いろいろ楽しんでいけるといいですが。。。

この5連休は意外とゆっくり過ごせそうなので、いろいろ考えていろいろなことを試して、旦那さまとラブラブに過ごしたいと思います♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »