« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木曜日)

寝返り その2

前できたのはうつ伏せ⇒仰向けの寝返り。

今日できたのは仰向け⇒うつ伏せの寝返り!

これが普通の寝返りですよね。

でも、その後なぜかうつ伏せから戻れない・・・

うつ伏せになった瞬間は嬉しそうに頭を上げてニコニコしてるけど、そのうち疲れて頭がどんどん下がっていく・・・

やがて一生懸命足をけって前に進もうとしたり、体をねじらせたりしてるけど、うつ伏せの体勢は変わらなくてイライラ。。。そして「わぁ~~~ん」笑

うつ伏せが嫌になって大泣きです。

途中で助けてあげればいいのかもしれないけど、あまりに可愛くてずっと眺めて。。いや見守ってたら最後には大泣き。

ごめんごめん。と仰向けに戻してあげるとすぐに泣き止む。

でもまたコロンと寝返り。

チビタの風邪は相変わらず鼻水と咳です。薬を飲んでいるせいかよく寝てくれる。でもその分起きてるときはほとんどこの状態で、うつ伏せ⇒大泣き⇒仰向け⇒うつ伏せを繰り返してます。

一日一日の子どもの成長って本当にすごい。ある日突然何かができたりするんです。見ていて飽きない。



・・・ただ、この子どもの成長を喜び合う相手がいないってことをその都度思い知らされるのも確か。

「今日チビタがこんな表情したよ。こんなことできるようになったんだよ。」って共に楽しむ相手がいない。

そして旦那さまがいたらどんな風に・・・と思わずにはいられなくなります。

よく「2人なら喜びは倍に、悲しみは半分に。」と言うけれど、旦那さまが亡くなってから、喜びは半分に、悲しみは倍になったような気がする・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水曜日)

結婚記念日

ずっとずっとこの日が来るのが怖くてたまりませんでした。

一人で過ごすのが怖かった。でも親戚の集まりに誘われたけど、断ってしまいました。この日に旦那さまを一人にしたくなかったから。二人で過ごしたいと思ったから。

でも一人で何をしたらいいのだろう・・・とずっと考えていました。

結婚記念日当日・・・それどころじゃありませんでした。

結婚記念日前日、チビタは初めての予防接種をしました。三種混合一回目です。

実はチビタはちょっと前から咳き込むことがあったのですが、先生の診察でも

「ちょっと喉が赤いけど熱もないし、注射しちゃいましょう」ということで注射をしました。

Img_1524注射された瞬間から大泣きするチビタ。やっぱり痛いんだ~。

その日は怖い思いをしたかと思って沢山遊んであげたらご機嫌に。

でも夜になって、明らかにいつもより寝グズリがひどい・・・

初めておしゃぶりを加えさせてどうにか寝付かせました。ようやく寝た頃には私も激疲れ。

一緒に早い時間から寝てたら、また2時間後に大泣き。

抱っこしたらすぐに寝たけど、また2時間後に大泣き。

そのとき、ん??すごく汗かいてる・・・体が熱い!!!

おそるおそる熱を測ると38.6度。

風邪?それともワクチンの副反応?

夜中の2時。あわてて救急へ。でも特に処置をしてもらえなくて、朝を待って小児科へ連れて行きました。

薬を処方してもらい帰宅。その日一日はまったく熱が下がらず、ずっとチビタに付き添ってわきの下や頭を冷やしてあげました。

そう、この日が結婚記念日だったのです。

正直それどころじゃなくて、チビタの看病に必死でした。。。

今までみたことない勢いでミルクを吐いたり、鼻水・痰もひどくて咳き込むとひどく苦しそうで・・・

でも翌朝には熱が下がっていました。未だに鼻水・痰・咳はひどいけど、熱が下がってくれて一安心です。

なんか、結婚記念日に図ったように熱を出したような気が・・・

「感傷的になってる場合じゃないよ!」といわれた気がしました。笑

そうだよね、私はチビタを立派に育てなければいけない。

旦那さま、結婚記念日は何もできなかったけど、でもずっと傍にいて見守っててね。

翌日になって旦那さまの遺影の前でようやくこうして話しかけられました。

チビタはまだ咳き込むけど元気です。6ヶ月までは風邪を引かないと信じきっていた私。4ヶ月になる前に風邪を引かしてしまったことを反省です。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水曜日)

寝返り??

今日は朝、久しぶりにうつぶせにでもしてみるか~ってことでうつぶせにしてみたら、前よりかなり頭を上げるようになってました!

「すごいすごい~」といいながらビデオをすかさず手にして撮っていると・・・
コロン。
うつぶせから仰向けに!!

これって寝返りっていうのかな~??

「きゃ~チビタすご~い」
一人で大声出して喜んじゃいました。
しかもちゃんとビデオにも撮れた!

最近のチビタはかなり寝グズリが激しくてまいったな~って時もあるけど、こうして一つずつできることが増えていくとやっぱり嬉しい。

子育てってやっぱり大変だけど、チビタの笑顔を見たら癒されて、大変なことなんて全部とんでっちゃう。

こんな風に成長を目の当たりにするとなおさらです。

きっとこんなことを繰り返しながら母も子も成長していくんだなぁ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火曜日)

がんばる

先週、見慣れない番号から電話があり、「・・・もしもし・・・?」と出ると

「久しぶり~ あたし~ 元気? 今日何やってんの? 今から行っていい? ベビー見たいし」

生活の拠点をアメリカにしている友人が1年ぶりに3泊という強行スケジュールで日本に帰ってきていたのです。

半ば一方的な話ぶりに対して「あ、うん、いいよ。今日何も無いからおいで~」

ということで1時間後、その友人は我が家を訪ねてきました。

その友人とは小学生からの付き合い。大学卒業後、渡米し、年に1回帰ってくるか来ないかで、それでも帰ってきたときは必ず逢っていました。

去年帰ってきたときは旦那さまが良性か悪性かの検査結果待ちのときで、そのときも彼女は家に来て旦那さまと皆で話をして帰っていったのです。

前もっての連絡がなく帰ってきたのは初めて。

玄関を開けるなり、「久しぶり~」と抱きついてくる彼女。いつものアメリカ流挨拶。

でもその後私をぎゅっと抱きしめて「がんばったね。ごめんね。もっと早くきたかったんだけど。」と。

思わず涙がこぼれました。

これまで沢山の人に励まされて、チビタが生まれて「頑張ってね」と何度も声をかけられてきたけど、彼女のように「がんばったね」と言ってくれた人は初めてでした。

震える声で「ありがとう。」こう言うのが精一杯でした。

しばらく彼女は私を抱きしめてから、「大丈夫。大丈夫。で、ベビー見せてよ~」と明るく言ってきました。

彼女のこういう切り替えの早いところが私は大好き。

2時間ほど他愛もない話をして、私はその後とても心が晴れやかな気分になっていました。やっぱり友人の存在って大きい。感謝感謝。

がんばる。と言えば、先日旦那さまの会社の“ボス”と話をしたときも「がんばりすぎなくていいよ。」と言っていただきました。。。この会社のボスに、私は本当に頭があがりません。こんなに人の立場にたって気持を汲み取って話ができる方っているんだ・・・と本当に尊敬。

私はまだまだ親としても人間としても未熟で、周りの人に甘えてばかりだけれども、いつかきっと今の自分より強くなって、お世話になった人にきちんと恩返しができる人間になりたいな。と強く思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月曜日)

またしても・・・

金曜日の夜から発熱。

夕方まではまったく元気だったのに、なんか夕飯時に食欲ないなぁ・・・なんて思ってたらお風呂あがりにいきなり寒気。

季節外れにフリースを引っ張りだして21時に就寝。

最近チビタは沢山寝てくれるようになりました。

6~7時間続けて寝てくれるからかなり楽。

だからこの日もチビタが寝付いたのと同時に布団を肩までかぶり“気のせい気のせい”と言い聞かせながら寝ました。

途中、身体がつらくて目を覚まし熱を測れば38度6分。時計を見ると23時。実家に電話しようかと迷いながらまたウトウト。

明け方になってチビタが泣いたので起きて授乳。明らかに身体が重い。

産科の先生に授乳を続けてもいいという風邪薬をもらっていたことを思い出してかなり早めの朝食を食べて薬を飲みました。このときも熱は38度を越していて、薬が効いて熱が下がってくれるのを待ちました。

チビタも様子がおかしいのが分かるらしく朝からいい子。そしてウトウトする私に倣ってよく寝てくれました。熱は37度7分まで下がって、よし、大丈夫!このまま下がるな。と思っていたのに・・・

夜になって気付けば39度4分。あわてて駆けつけてくれた実家の母が来てくれた頃には顔も真っ赤。ほとんど動けない状態。

土曜日の夜、病院はもうやっていないけれど、あまりの高熱&世間の麻疹の流行を心配して救急で診てもらうことにしました。

父に病院まで連れて行ってもらい、病院で再度熱を測ると39度6分。

熱に強い私もさすがにこの数字を見たらクラクラしちゃいました。

なんでこんなに・・・?

先生は発疹が出たら間違いなく麻疹だけど、今のところはなんとも言えない。ということでとりあえず授乳をやめて解熱剤で熱を下げることに。

家に戻って無理しておかゆを口に入れ薬を飲んだらたちまち汗をかきはじめ、みるみる熱は下がっていきました。

ほっと一息。この日は母が泊まってくれて身体もかなり楽になりました。

今日はもう熱が上がる様子もなく発疹も出ていないのでただの風邪だったようです。

今高熱の出る風邪がはやっているそう・・・。

ただ、3月末にも38度を越す熱を出している私。

「風邪は万病のもと」

病気を発症する前の母も、肉腫に気付く前の旦那さまも、インフルエンザワクチンをうちながらインフルエンザにかかりました。そしてその後も何度か風邪を引いていました。

免疫が下がっている証拠だったのです。

立て続けに高熱を出す私を心配して母から「きちんと検査しなさい」と厳しく言われてしまいました。

多分疲れがたまっているだけなんだけど・・・と思いながら、心配するのも無理は無いと思って今日、血液検査してきました。

自分が思ってるほど自分の身体って強くないんだなぁ。。。

私が身体を壊せば家族に迷惑がかかる。もっと強くならなくちゃ。

同じことを3月の時の記事にも書いた気がする・・・全然改善されてないじゃん!反省反省。泣

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火曜日)

初節句&お食い初め

結婚してから初めて、どこにも行かずに家で過ごしたGWのメインイベントが初節句とお食い初めでした。

子どもができるって旅行に行けないことだなぁ。なんて思いながらせめてイベントを楽しもうと両親と旦那さまのお母さんを家に招いてお祝い。

初節句と言えば男の子は兜。我が家では私の父が持っていた60年という年代ものの鎧を飾りました。父が喜び勇んで持ってきてくれたものです。新品とは違って味があり、私も気に入っています。ただ鎧って夜中見ると動きそうでちょっと不気味・・・

鎧の両脇には両親に買ってもらった小さな鯉のぼりを飾って、4月半ばから初節句ムードはかなり高まっていました。

お食い初めは生後100日あたりにやるものらしいけど、チビタの場合はそれも近いので一緒にやってしまえということで、同じ日にお祝いしました。

鯛を買って、お赤飯炊いて、煮物作って、それらを友達がプレゼントしてくれたチビタの名入りの食器によそい、口に運んで食べさせるまねごとをしました。

たったこれだけのことだけど、写真とビデオを一杯とってチビタが元気に育ちますように、そして食べ物に困りませんように(笑)って祈りながらのお祝い。とても楽しんでいる自分がいました。

子どもの成長と同時にこういう行事を楽しんでいくことって大事ですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月曜日)

寝違えた!!

GW最終日 (毎日が日曜日のような生活をしている私にとってはGWはあまり関係なかったけれど・・・)の昨日、朝5時にチビタがグズって起床。授乳しようと身体を動かすと・・・左側の首から肩にかけて激痛。その後は痛くてほとんど首が動かせない。

え??これって・・・寝違え??

上も下も向けない。左なんてもってのほか。かろうじて右は向けるかな。という感じ。

うそ~授乳できないじゃん・・・

それでもグズるチビタを抱かなくちゃ。と、抱こうとすると・・・激痛!!

でも痛がってる場合じゃない。チビタはおなか空いてるし。。。

痛みに耐えながらどうにか授乳を終えて一息。

またウトウトして眠り始めたチビタを見て、・・・もう少し寝てみよう。次に起きたら少しは良くなっているかも。と半ば現実逃避しながら二度寝。

そして8時に起きた時、当たり前だけどやっぱり痛かった。。。

はっきり言って、歩くだけでも首に響いて痛い。チビタを抱き上げるのもかなりつらい。朝から掃除の日にしようと思っていたのに・・・まったく何もできない。

まいったな~~~今日は日曜、病院もやってないし。

でもこのままじゃどうにもならない。ということで、雨だから家にいるだろうと両親に“助けて~”の電話。次に1年半くらい前に通っていたマッサージへ電話。「寝違えたんですけど施術してもらえますか?」と聞いて予約をとり、湿布薬を探して患部へ貼ることに。

これがまた・・・腕を伸ばすだけでもつらい。しかも届きにくい。

・・・こんなときにも、一人なんだなぁって痛感してしまう。前なら旦那さまに「貼って~」と甘えられたのに。今はそう言う相手もいない。

午後になって両親が来てくれてチビタをあずけて私はマッサージへ。炎症止めを塗ってもらいテーピングをしてもらっていくらか楽になったけど、マッサージ師さんから「1週間くらい痛みがひかないかも。コリがだいぶたまってるから・・・あまり無理しないで出来ればお子さんの抱っこも極力ひかえて旦那さんに協力してもらってね。」と。

「そうですね。」と返す私。

なんだかな~~~でもこういうことってこれから先ずっと続くんだよな。いちいち「いえ、旦那はいないんです。」なんて言うのもバカバカしいし。気にしていられないけど、やっぱりこういうことを言われるとまだ落ち込んでしまう。

身体は楽になったけど、なんとなく気持が落ち込んだまま帰宅。

帰ってから両親と「毎月何かがおきてるね」と笑い話。

チビタが2ヶ月の時は発熱。3ヶ月に入って寝違え。。。何かと疲れが出てきてしまうみたいです。

寝る前にまた湿布薬を貼るのに苦労しながら、“まだまだ弱いな。身体も心ももっと強くならなきゃなぁ。”と自分を奮起。

なんだか切ないGW最終日でした。

首は今日も痛いです。泣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »