« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月20日 (木曜日)

幸せか不幸か

2年前に母が病気になり介護生活(今は元気ですけど。笑)、昨年は流産。そして夫を亡くし・・・

なんでこんなに次から次へと・・・

なんで私が未亡人に。

なんで旦那さまが死ななきゃいけなかったのか。

なんで???

これまでの私の生き方がいけなかったから?

いいかげんに、その場しのぎで生きてきたから?

じゃあ私とめぐり合わなければ旦那さまはこんなことにならなかった?

私と結婚しなければ、旦那さまはもっと長生きできた?

考えても仕方のないことだってわかっていても考えずにはいられない。

なにがいけなかったの?

なんで私には旦那さまがいないの?

なんでチビタにはお父さんがいないの?

多くの人が当たり前のようにつかんでいる幸せな家庭をどんなに望んだって私は永遠に手にすることができない。

なんで?????

よく、「苦難はその苦難を乗り越えられる人のもとにおこる」と聞きます。

じゃあ私ちたもその「苦難を乗り越えられる人」なの?

少なくとも私はそんなに強くない。

今だって「たすけて!!!」って発狂しそうなくらいなのに。

気がおかしくなりそうなのに。

ただ自分のもろいココロを守るために笑顔でいるだけなのに。

・・・笑顔でいることが「苦難を乗り越えられる」ということならそうなのかもしれない。

傍からみたらそれが「強い」ということなのかな。

笑うことはが最大の防御なだけなんだけど。

いろんなことを考えて、なんの答えもでなくて、疑問ばかりがうかんで・・・

でも一つだけ言える。

私は不幸なのか?

答えはNOだ。

旦那さまとめぐり合い、結婚し、子どもを授かった。

旦那さまとの結婚生活は本当に幸せだったし、チビタとの生活も幸せだから。

ただどうしても報われない思いがある。

愛しくて、会いたくて、触れたくて・・・悔しくて・・・

二度とかなわない願いを永遠に願い続ける。だから涙を流さない日はない。

いつかこの長いトンネルを抜け出せる日はくるんだろうか。

1年たてば、3年たてば、チビタが大きくなれば、この苦しみから解放されるんだろうか。

自分の運命を呪い、それでも旦那さまとチビタにめぐり合えたことに感謝する。

この矛盾した気持ちをいつか消化できる日がくるんだろうか。


それでも私たちを心配して電話をしてきてくださる方がいる。

たった今も旦那さまの会社の「ボス」から電話をいただいた。

そして旦那さまのウインドサーフィン仲間もウインドをしに行くときに「よかったらおいで~」と声をかけてくれる。


なんて温かい方たちに見守られているんだろう。

やっぱり私は幸せなんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日曜日)

誕生日

生まれてきてこれまで、これほど自分の誕生日が来るのが嫌だと思ったことはありません。(まぁもう誕生日を喜ぶ歳でもないんですが・・・)

旦那さまはもう歳をとらない。11歳離れた旦那さまの歳にこれから私が一歩一歩近づいていくだけです。そしていつか旦那さまの歳をも越してしまう。チビタはそのとき11歳か・・・。少しは気持ちも楽になっているんだろうか。

つらいなぁ。きっとこれから毎年誕生日は気が重いだけです。

誕生日、今年は家で3人でひっそりとお祝いしようと思いました。

でもそんなことできないと思いました。

どうせ泣き崩れて旦那さまを責めて自己嫌悪。その後息苦しくなることが目に見えているからです。

で、友人に泣きつきました。

正確に言うと友人から、「誕生日どうしてほしい?」と聞いてきてくれたのです。

「一人でいたいかもしれない。でも寂しいと思うなら盛大にお祝いしてあげたい。」

もう言葉にならないくらいこの友人に感謝しました。

なんて人の立場になって考えてくれる子なんだろう。と。

はじめは家よりも外で誰かと会っているほうが気持ちが楽だと思いました。

でも、やっぱり旦那さまにもお祝いしてほしかった。やっぱり3人一緒にお祝いしたいと思いました。なので、結局友人達に我が家にきてもらいました。にぎやかに。

多くの友人が集まってくれて、チビタも少し興奮気味。笑

プレゼントやケーキを用意してくれた皆のやさしさに思わず涙。

31歳だからとサーティー○ンのアイスケーキを用意してくれて。。。

中には結婚を発表する人も。(正直ココロの底から祝福できたかっていうと自分でも疑問。複雑で、やっぱり少しうらやましくて妬んでいる自分がいた・・・)

でも幸せな時間でした。

一人じゃないんだと強く実感できた日でした。

人の温かさに感謝し、こんなにしてくれた友人達にどう恩返しができるのか、と考えた日でした。

おかげで想像していたのとは違って、この日はあっという間に眠りにつけました。

最近のチビタはつかまり立ちに夢中です・・・

まだ7ヶ月なのに。はやいような・・・もう少しゆっくり成長してほしいと思うのは親の我侭かな。笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火曜日)

6・7ヶ月健診

最近まったくチビタ情報をブログに載せていなかったので、今日は思いっきり親ばか丸出しでチビタの成長をご報告♪

早いものでもう7ヶ月。

で、6・7ヶ月健診へ行ってきました。ついでに三種混合の注射3回目も。

・・・先生を見たら大泣きでした~

実は前回の2回目の三種混合の注射を3回に分けて注射したチビタ。1回目の時に副反応らしきものが出たので慎重に様子を見る必要があったためです。

つまりは普通は1回で済むものを3回も痛い思いをさせられたわけです。

で、その先生だったので、先生を見た途端、「またこの人に沢山注射される~~~~泣」と。笑

で、大泣きしながらの健診。

私は横で「そんなに泣かなくても!!!」って笑えてきて・・・笑
先生もさっさとやっちゃえ~!って感じで慌しく終了。
特に問題なし。

身長 67.8cm
体重 7780g
頭囲 45.4cm

3ヶ月健診のときと同様、身長・体重に比べて頭がでかいような・・・
体重は1ヶ月前から全然変わってなくて8キロの壁をなかなか越えられません。

最近はめっきり成長が早くて親はそれについていくのに必死・・・。

全然できないと思っていた(練習もさせていなかった)お座りがいつのまにかできていて、今はズリバイ⇒お座りが自由自在です。

なので家の中を動きたい放題。

中でもお気に入りはキッチンです。私がキッチンで何かをしているとかならず「うきゃっ!」とか言いながら嬉しそうに覗きにきて居座ります。で、私がキッチンから居なくなっても戻ってこない・・・。

そして歯も下の歯2本が生えてきました!
たかだか歯なのに嬉しいあたり・・・親ばかを実感してます。

さらに今日。横になってテレビを見ている私の腰に手をついてつかまり立ち!

あまりの成長の早さに驚く毎日です。

子どもの成長って遅いと心配だろうけど、あまり早いとそれもまた・・・笑

どんどんチビタから目が離せなくなってるけど、最近は「おいで~」というと嬉しそうによってきてくれる。もうそれだけで、どんなに寝不足になろうが忙しかろうがすべてが救われてしまいます。

チビタに対していろんな願いや期待、夢はあるけれど、とにかく健康でいてくれたらそれでいいや。ってなっちゃいます。笑

だから毎朝仏壇にチビタと一緒に手を合わせて「今日もチビタが元気で健康にいられますように。見守っててね。」とパパにお願い。

そのおかげで大きなケガや風邪もなく順調に育ってくれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月曜日)

こころのぼやき

このブログを始めたのが2006年1月末。

当時流産したショックから始めたブログでした。

その後なんとなく日々起こったことを書いたり、旦那さまとの日々を書いたり。

でも今となっては愚痴ばかりです。

更新の頻度もめっきり少なくなりました。

なんでこんな状態でもブログを続けるんだろう。

何度か書いたかもしれませんが、ここに「書く」ということが「気持ちの整理」だったり「感情の消化」であったり、冷静さを取り戻す場であったり。

でも一番は「ほら、私ってこんなにかわいそうでしょ。」って言いたかったのかもしれません。

これまでこのブログに書いてきたことに嘘はないけれど、いきがってきたことはありました。

「頑張らなきゃ。頑張らなきゃ。」って自分を奮い立たせていることもあります。

それでもこんなにくら~い内容ばかり。

それでも読んでくれる人がいて、コメントを残してくれる人がいて、そしてその方々に励まされて。

前回の記事の映画化の話にも、映画のCMを見て私を思い出したと言ってくれる方がいて。ネット上でしか知らない方が日常で私を思い出してくれているというだけでもどれほど励まされ心強かったか。このブログを読んでくれている人のココロに私が存在していることが嬉しかったのです。

何度もこのブログを辞めようと思いました。

こんなに暗い内容ばかりで、自分の“かわいそう”を訴えていることに嫌気がさして。

それでもこの場が唯一の本音のはけ口でもあるのです。

最近本当に落ち込むことが多くて、それは旦那さまの月命日であったり、映画のCMを見たり、曲を聴いたり、幸せそうな家族を見たり、これまで旦那さまと過ごしていたイベントの日を迎えるときであったり・・・きっかけは色々だけど、その落ち込み方がこれまでになくひどくなっているようで。

このブログに「すべて」を書いているわけではないけれど、やっぱり「書く」ということが今の私には必要みたいです。

これまでお付き合いいただいた方、こんな気まぐれに更新しているブログですが、もうしばらくお付き合いくださると嬉しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »