« 誕生日 | トップページ | やっと »

2007年9月20日 (木曜日)

幸せか不幸か

2年前に母が病気になり介護生活(今は元気ですけど。笑)、昨年は流産。そして夫を亡くし・・・

なんでこんなに次から次へと・・・

なんで私が未亡人に。

なんで旦那さまが死ななきゃいけなかったのか。

なんで???

これまでの私の生き方がいけなかったから?

いいかげんに、その場しのぎで生きてきたから?

じゃあ私とめぐり合わなければ旦那さまはこんなことにならなかった?

私と結婚しなければ、旦那さまはもっと長生きできた?

考えても仕方のないことだってわかっていても考えずにはいられない。

なにがいけなかったの?

なんで私には旦那さまがいないの?

なんでチビタにはお父さんがいないの?

多くの人が当たり前のようにつかんでいる幸せな家庭をどんなに望んだって私は永遠に手にすることができない。

なんで?????

よく、「苦難はその苦難を乗り越えられる人のもとにおこる」と聞きます。

じゃあ私ちたもその「苦難を乗り越えられる人」なの?

少なくとも私はそんなに強くない。

今だって「たすけて!!!」って発狂しそうなくらいなのに。

気がおかしくなりそうなのに。

ただ自分のもろいココロを守るために笑顔でいるだけなのに。

・・・笑顔でいることが「苦難を乗り越えられる」ということならそうなのかもしれない。

傍からみたらそれが「強い」ということなのかな。

笑うことはが最大の防御なだけなんだけど。

いろんなことを考えて、なんの答えもでなくて、疑問ばかりがうかんで・・・

でも一つだけ言える。

私は不幸なのか?

答えはNOだ。

旦那さまとめぐり合い、結婚し、子どもを授かった。

旦那さまとの結婚生活は本当に幸せだったし、チビタとの生活も幸せだから。

ただどうしても報われない思いがある。

愛しくて、会いたくて、触れたくて・・・悔しくて・・・

二度とかなわない願いを永遠に願い続ける。だから涙を流さない日はない。

いつかこの長いトンネルを抜け出せる日はくるんだろうか。

1年たてば、3年たてば、チビタが大きくなれば、この苦しみから解放されるんだろうか。

自分の運命を呪い、それでも旦那さまとチビタにめぐり合えたことに感謝する。

この矛盾した気持ちをいつか消化できる日がくるんだろうか。


それでも私たちを心配して電話をしてきてくださる方がいる。

たった今も旦那さまの会社の「ボス」から電話をいただいた。

そして旦那さまのウインドサーフィン仲間もウインドをしに行くときに「よかったらおいで~」と声をかけてくれる。


なんて温かい方たちに見守られているんだろう。

やっぱり私は幸せなんだ。

|

« 誕生日 | トップページ | やっと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前、お坊さんに
幸せか不幸かは、他人が決めるのではなく
自分がどう思うかと言われた事がある・・・
人からみたら、私はかなり大変な道を歩んできてるようだ。自分でもなぜだ?と思ってきた事は
数え切れない。が!どんな時も周りの優しさに
助けられてきた。
色々な心の葛藤があるでしょうが
心に負担をかけ過ぎないように
周りの人の助けに甘えてね
文章へただからおかしかったらごめんね

投稿: すろぅ らいふ | 2007年9月21日 (金曜日) 07時30分

すろぅ らいふさんと同じく、周りからどんなに
恵まれていようと、本人が不幸だと思っていたら、
その人は不幸なんでしょうね。
本人の気の持ち方ひとつで幸せにもなれるし、
不幸せにもなれる、そう思います。

矛盾した気持ち。きっと時が解決してくれるんじゃないかしら?
ひょっとしたら永遠にそのままなのかもしれませんが。

投稿: しま | 2007年9月21日 (金曜日) 10時11分

 こんばんは☆こねこです♪

 旦那さまと出逢ったときから、いつか来る別れ(病気じゃなかったらいつかはどちらかが先に死ぬと思うので)のために「強さ」を授かっていたのではないでしょうか。

 それに、旦那さまとの出会いがなければ得られなかったものっていっぱいあると思います。亡くなったことでお別れみたいになってしまいましたが、こころさんの心の中に生き続けている限り幸せだと思いますよ(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆

投稿: こねこ | 2007年9月21日 (金曜日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164631/16514769

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せか不幸か:

« 誕生日 | トップページ | やっと »