« 一年 | トップページ | お久しぶりです »

2007年12月30日 (日曜日)

ありがとうございました

今日は旦那さまの命日でした。

朝から涙腺はなんだかゆるくてこの1年のことを振り返ったりしていました。

でも途中旦那さまのお友達がお線香をあげに来てくださったり両親がきてくれたり・・・で、だいぶ気がまぎれました。

この一年、本当に本当に長かった。

この一年を乗り越えられた私を私は褒めてあげました。

でも正直、一年たってしまった・・・ていう気持ちもあります。

少しずつでも旦那さまの記憶がみんなの中から薄れてしまうのではないか?という恐怖があるからです。

旦那さまのぬくもりや声のトーンや癖や・・・小さな思い出が少しずつ風化されてしまうのが怖いのです。

今日は仏壇に語りかけました。

「ねぇ、一年たっちゃった。どうすんの?これから。いつ帰ってくるの?いつ会えるの?」

一年は長かったけど、この一年で私の中で消化できた思いはどれくらいあったのでしょう。

年月が少しずつでも癒してくれるって信じてます。でもやっと一年。まだ一年。

早く会いにいきたいけれど、私にはまだやるべきことがあるから。

チビタを立派に成人させないと。

私は今私ができるやるべきことを精一杯やるだけです。

ブログを始めて約2年。

日々の他愛もないことをぼやいて旦那さまとのラブラブ生活も♪なんて思ってたのが、いつからか闘病日記のようになり、私の愚痴を吐き出す場になり・・・

これまで読んでくださった方々に深くお礼申し上げます。

またいつかどこかで。

本当にありがとうございました。

|

« 一年 | トップページ | お久しぶりです »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは☆こねこです♪

 ぐすん・・・。
 寂しくなります・・・。

 でも、こころさんが決めたことですから、笑顔で見送りたいと思います。

 こちらこそ、今までありがとうございました。
 もし、またどこかで再開することがありましたら、遊びに来てください。

 改めて、本当にありがとうございました(涙微笑)。

 ねこでした(一礼)。

投稿: こねこ | 2007年12月31日 (月曜日) 00時57分

はじめまして。わかばと申します。
実は密かにブログを拝見させて頂いていました。
私も一年とちょっと前に主人を病で亡くしました。私たち夫婦は子供を授かることは出来なかったので状況は違いますが、ココロさんに共感することも多く、自分と重ね合わせながら応援していました。
私も闘病記から現在までブログで綴っていますので、もしお時間がありましたら覗いてみて下さい。(現在はかなり前向き、と言えば聞こえがいいですがガムシャラだったり、お気楽だったり・・日々思うことをランダムに書いています。お気を悪くされたらごめんなさいね。)

http://blog.goo.ne.jp/wakaba-topaz23/

投稿: わかば | 2008年1月 7日 (月曜日) 17時19分

こちらこそありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています。
こころさんお体に気をつけて
頑張り過ぎないように子育てお互いしていきましょう。

投稿: すろぅ らいふ | 2008年1月 8日 (火曜日) 08時58分

今まで本当にありがとうございました。

>またいつかどこかで。
そう言ってくださることがとても嬉しいです。

これからもお体に気を付けて、チビ太くんと共に
成長してください。

落ち着いたいつか・・・再会できる事を祈っております。

投稿: しま | 2008年1月 8日 (火曜日) 12時25分

こころちゃんへ

また いつか会える日が来る事を楽しみにしています。

投稿: ほたる | 2008年1月14日 (月曜日) 22時15分

はじめまして、ブログ拝見させて頂きました。
ご主人のご冥福をお祈り申し上げます。
 実は私の義理の母が病院にて軟部肉腫と診断され、今後の治療方針やセカンドオピニオンついていろいろと勉強し悩んでいる次第です。
 軟部肉腫という症例数、専門医の少なさ、この病気にかかった場合の今後母の有意義のある生活をして頂くためにも、少しでも可能性のある治療法やこころある先生にめぐり合いたいと考えています。
 現在の病院では先生から事前に抗がん剤の効く可能性が低い、リスクのある事は聞いていましたが、先生や母と家族全員との話し合いの結果抗がん剤の治療を行うことになったにも関わらず、数週間後には「抗がん剤治療を受けても効果はないよ。今やらなくても良いのではないですか」と私や母に安易に言葉を発してしまう始末です。正直この先生で見ていただいて良いのか良く分かりません。この病気になってしまった以上治癒が難しい、いつどなってもおかしくないのは分かっています。ただ出来ればこころある先生(出来れば専門医)や病院のもとで母には治療を受けてもらいたいという家族からの願いです。
もし、このコメントを読んでいただけましたら
差し支えなければご主人様の入院されていた病院を教えていただけますでしょうか。
都内某所と書かれていたので東京のがん研有明ですか。
 私どもは神奈川県に住んでいます。
差し出がましいお願いで申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

投稿: たか | 2008年7月16日 (水曜日) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164631/17525757

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございました:

« 一年 | トップページ | お久しぶりです »