« 存在感 | トップページ | 免許更新 »

2009年9月14日 (月曜日)

イヤイヤ

最近魔の2才児の本領を発揮しているチビタ。

「イヤ」スイッチが入ったら何を言っても何してもイヤ〜と大泣き。
文字通りに手がつけられない状態に…

週末、イヤスイッチの入ったチビタの様子を見たママ友達に、「こんなふうになったらどうしてる?」なんて話をしてたら…

「うちはそこまでなる前に旦那がビシッと叱って治めてくれるから。でも旦那いないときはやっぱり手つけらんないよ」

もうこれ、久しぶりの地雷でした。

家戻ってからなんか悔しくなって、号泣。
パパママの役割がなくて、私が全てのチビタ。

チビタにも私にも逃げ場がないことを改めて感じました。

その日は1日イライラしてチビタとも喧嘩ばかり。チビタも逃げ場がなくて可哀想だと思いつつ…最悪な1日になりました。


これからこんな壁に何度もぶち当たるんだろうな。

周りにいい人はたくさんいるし、たくさん助けてもらってるけど、やっぱりその人たちに子供の将来を考えたしつけまでは望めない。

1人で抱えているものが多すぎる…改めて感じた1日でした。

|

« 存在感 | トップページ | 免許更新 »

コメント

こんにちは。

投稿: | 2009年9月25日 (金曜日) 12時23分

こんにちは。
ある人を通じてあなたのことを知りました。
息つく間もなく、先の見えない日々を一日一日過ごしてこられたんですね。
本当によく頑張っていらっしゃる。

私は現在34歳で1歳上の夫を今月初めガンで亡くしました。闘病しながら不妊治療をしましたが、子供はできませんでした。
私は適応障害という病気になり、薬を飲みながら何とか生きています。

何と言っていいかわかりませんが、これからもブログ拝見させていただきます。

投稿: | 2009年9月25日 (金曜日) 12時36分

私もシングルマザーです。
夫が癌で亡くなりました。
息子は、自己主張の強いタイプです。
2歳の頃も、大変でした。

何か、子どもなりの論理や基準があって、
それがうまくいかないときもあるんでしょうね。

母子二人での時間が多かったので、息子がわからなくても何でも本心を伝えていましたね。息子の気持ちを理解しようとしました。

それでも、周囲との関係は苦労が多かったですが、ヤンチャな息子の魅力をわかってくれるママ友達を探しました。
保育所ママなどは、けっこう、さばけたママが多くて、子どもはノビノビとと思う人が多くて良かったです。

途中、何度も反抗期もありました。
でも、いつも母子二人だから、本音で会話をしました。
息子は今は高校生になりました。
とっても良い子ですよ。
思いやりもあって、しっかりしてる方だと思います。
幼少期から、自分の好奇心のままに、元気一杯に育ってきたことが良かったのだと思います。
どうして、あんなにヤンチャだったのかわからないですが、本人もヤンチャだったことを覚えています。

ダンナさんがビシッと叱るって、良い方法とは思えないです。

母子家庭ならではの、母子の会話を大切にした育児。きっと、いいこともありますよ。

先は長いので大変ですが、みかけのお行儀の良さよりも、生きる力をもった優しい子に育つと思います。

投稿: みさと | 2009年10月 2日 (金曜日) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164631/46210185

この記事へのトラックバック一覧です: イヤイヤ:

« 存在感 | トップページ | 免許更新 »