2007年5月 7日 (月曜日)

寝違えた!!

GW最終日 (毎日が日曜日のような生活をしている私にとってはGWはあまり関係なかったけれど・・・)の昨日、朝5時にチビタがグズって起床。授乳しようと身体を動かすと・・・左側の首から肩にかけて激痛。その後は痛くてほとんど首が動かせない。

え??これって・・・寝違え??

上も下も向けない。左なんてもってのほか。かろうじて右は向けるかな。という感じ。

うそ~授乳できないじゃん・・・

それでもグズるチビタを抱かなくちゃ。と、抱こうとすると・・・激痛!!

でも痛がってる場合じゃない。チビタはおなか空いてるし。。。

痛みに耐えながらどうにか授乳を終えて一息。

またウトウトして眠り始めたチビタを見て、・・・もう少し寝てみよう。次に起きたら少しは良くなっているかも。と半ば現実逃避しながら二度寝。

そして8時に起きた時、当たり前だけどやっぱり痛かった。。。

はっきり言って、歩くだけでも首に響いて痛い。チビタを抱き上げるのもかなりつらい。朝から掃除の日にしようと思っていたのに・・・まったく何もできない。

まいったな~~~今日は日曜、病院もやってないし。

でもこのままじゃどうにもならない。ということで、雨だから家にいるだろうと両親に“助けて~”の電話。次に1年半くらい前に通っていたマッサージへ電話。「寝違えたんですけど施術してもらえますか?」と聞いて予約をとり、湿布薬を探して患部へ貼ることに。

これがまた・・・腕を伸ばすだけでもつらい。しかも届きにくい。

・・・こんなときにも、一人なんだなぁって痛感してしまう。前なら旦那さまに「貼って~」と甘えられたのに。今はそう言う相手もいない。

午後になって両親が来てくれてチビタをあずけて私はマッサージへ。炎症止めを塗ってもらいテーピングをしてもらっていくらか楽になったけど、マッサージ師さんから「1週間くらい痛みがひかないかも。コリがだいぶたまってるから・・・あまり無理しないで出来ればお子さんの抱っこも極力ひかえて旦那さんに協力してもらってね。」と。

「そうですね。」と返す私。

なんだかな~~~でもこういうことってこれから先ずっと続くんだよな。いちいち「いえ、旦那はいないんです。」なんて言うのもバカバカしいし。気にしていられないけど、やっぱりこういうことを言われるとまだ落ち込んでしまう。

身体は楽になったけど、なんとなく気持が落ち込んだまま帰宅。

帰ってから両親と「毎月何かがおきてるね」と笑い話。

チビタが2ヶ月の時は発熱。3ヶ月に入って寝違え。。。何かと疲れが出てきてしまうみたいです。

寝る前にまた湿布薬を貼るのに苦労しながら、“まだまだ弱いな。身体も心ももっと強くならなきゃなぁ。”と自分を奮起。

なんだか切ないGW最終日でした。

首は今日も痛いです。泣

| | コメント (2) | トラックバック (0)