2009年1月13日 (火曜日)

1歳11ヶ月の成長

今日はのほほん日記。

去年の4月から保育園に通っているチビタ。

ずいぶんと活発にり、言葉も達者に。

もうすぐ2歳ですがそれなりに会話ができるほどです。多分意味もわかってるみたい。


で、おもしろエピソード。。。

チビタとのくつろぎの時間。ソファに座る私に何かを渡すチビタ(←もう何を渡してくれたか覚えてない・・・)

はいって受け取ると、まじまじと私の顔を見て・・・

「ありがとは?」

「あ、すみません。ありがとう」(←笑いをこらえるの必死で出した言葉)

いつも私がお菓子や果物をあげるときに言う言葉。しっかりインプットされてたらしく、言われてしまいました。笑


その翌々日、保育園の先生に聞いた話。

チビタのオムツ替えの様子をじっと見詰める2人のお友達。

チビタは恥ずかしかったのか、

「あっち行って遊んでなさい!」

↑これ、たとえもうすぐ2歳でも1歳児の言う言葉じゃないですよね。

先生も思わず噴出す一言でした。


子供の成長ってめまぐるしくてもう少しゆっくり~って思うのは私だけ?

ここに彼がいたらもっと楽しいのに!なんて想いはいつまでもありますがそれでもかなり子育ては楽しんでるほうかと。

残念なことにわが子を抱く彼を見たことがないから、具体的な想像ができなくて、こんな感じだったのかな~?なんて勝手な妄想。

でも子育て論?みたいのが違って喧嘩してたかもな~とか。


う~んやっぱりパパな彼を見たかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火曜日)

6・7ヶ月健診

最近まったくチビタ情報をブログに載せていなかったので、今日は思いっきり親ばか丸出しでチビタの成長をご報告♪

早いものでもう7ヶ月。

で、6・7ヶ月健診へ行ってきました。ついでに三種混合の注射3回目も。

・・・先生を見たら大泣きでした~

実は前回の2回目の三種混合の注射を3回に分けて注射したチビタ。1回目の時に副反応らしきものが出たので慎重に様子を見る必要があったためです。

つまりは普通は1回で済むものを3回も痛い思いをさせられたわけです。

で、その先生だったので、先生を見た途端、「またこの人に沢山注射される~~~~泣」と。笑

で、大泣きしながらの健診。

私は横で「そんなに泣かなくても!!!」って笑えてきて・・・笑
先生もさっさとやっちゃえ~!って感じで慌しく終了。
特に問題なし。

身長 67.8cm
体重 7780g
頭囲 45.4cm

3ヶ月健診のときと同様、身長・体重に比べて頭がでかいような・・・
体重は1ヶ月前から全然変わってなくて8キロの壁をなかなか越えられません。

最近はめっきり成長が早くて親はそれについていくのに必死・・・。

全然できないと思っていた(練習もさせていなかった)お座りがいつのまにかできていて、今はズリバイ⇒お座りが自由自在です。

なので家の中を動きたい放題。

中でもお気に入りはキッチンです。私がキッチンで何かをしているとかならず「うきゃっ!」とか言いながら嬉しそうに覗きにきて居座ります。で、私がキッチンから居なくなっても戻ってこない・・・。

そして歯も下の歯2本が生えてきました!
たかだか歯なのに嬉しいあたり・・・親ばかを実感してます。

さらに今日。横になってテレビを見ている私の腰に手をついてつかまり立ち!

あまりの成長の早さに驚く毎日です。

子どもの成長って遅いと心配だろうけど、あまり早いとそれもまた・・・笑

どんどんチビタから目が離せなくなってるけど、最近は「おいで~」というと嬉しそうによってきてくれる。もうそれだけで、どんなに寝不足になろうが忙しかろうがすべてが救われてしまいます。

チビタに対していろんな願いや期待、夢はあるけれど、とにかく健康でいてくれたらそれでいいや。ってなっちゃいます。笑

だから毎朝仏壇にチビタと一緒に手を合わせて「今日もチビタが元気で健康にいられますように。見守っててね。」とパパにお願い。

そのおかげで大きなケガや風邪もなく順調に育ってくれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水曜日)

人見知り

先日、友人宅でママ同士の集まりがありました。
ホストのお家は独身という不思議な会(笑)

チビタと同級生が3人、しかもすべて男の子。
それぞれ個性があり、チビタより数ヶ月~半年早く生まれているから先輩ママに色々聞いたり。
とても楽しい会でした。

ただ、この日、チビタは何か機嫌が悪く、なれない場所&なれない人を前に人見知りのようになっていました。

普段結構連れて歩いていてもそういうことってあまりないし、むしろ赤ちゃんが沢山いる場に行くと穏やかに眺めていることが多く、ほかのママさん達に抱っこされてもひどく泣いたりってないんだけど・・・

でも私以外が抱くと泣き、私が抱くと泣き止む。
「これって人見知りだよ~」と指摘されました。普通8ヶ月くらいから人見知りが始まるらしく、もうすぐ6ヶ月になるというチビタはやっぱり早め・・・
でも私が抱くと泣き止むっていうのがなんとも可愛くて嬉しくて。なんてのんびり思っていたのですが・・・

この日ホストだった家の友人が「弱っちぃ」と言い始めました。「よく泣くよね」と。「男の子なんだから強くなりなよ。やっぱりママとしか居ないからだね。」と。
そして私が抱くと泣き止むのが「かわいい!!」という私に「それはどうなの?もっと人に慣れさせないとダメだよ」と言っていました。(いや、結構連れ出してるから慣れてるはずなんだけど・・・とココロの中で反論する私)

つまりは母子家庭だから普通の子より人見知りが早いのだと言いたいようでした。
パパが居ないから、普段ママと2人で生活しているから。
なるほどな~と妙に納得。
こういう目で母子家庭は見られるわけか。と。

その子はもちろん悪気もなく、チビタの成長を一緒に温かい目で見てくれようとしています。ただ子どもが居ないために、自分の子がそんな風に言われたときの気持ちとかを汲み取ることができない。子育てがどういうものかってことを理解しきれていないだけです。

だから私も一瞬「え?そんな言い方?」っと正直少し腹が立ちましたが、こうして母子家庭ってことが理由にされるのだな~と妙に納得してしまったのです。

これがもし、チビタに父親がいた場合、そういう発想にはならないわけですよね?
母子家庭だから人見知りが早いなんていう発想には。
ただ単純に普通の子より人見知りが早いで終わるわけです。

きっとチビタがこれから成長していく中で、何か他の子より早くできることがあったり、逆にできるのが遅かったり、もっと大きくなって少し悪いことをしてしまったとき、それらはすべて母子家庭だからというのが理由にされてしまうわけです。
母子家庭ってそういうことなんだと現実を見た気がしました。

しかしその翌日から、チビタは誰に抱かれてもご機嫌です。
やっぱりただ機嫌が悪かっただけなんだろうな。。。
それにしてもやっぱり人見知りしている我が子を見てかわいいと思ってしまう私ってやっぱり親ばかですよね。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火曜日)

生活リズム

相変わらずチビタは寝返りしては戻れず、「戻してくれ~」の奇声。

届きそうで届かないところにおもちゃがあると「届かない~とって~」の奇声。

かなり主張が出てきました。

それでも普段はとてもご機嫌で声を出して笑うようになり、”いないいないばぁ”でもケタケタ笑うようになりました。

声を出して笑ってくれると本当にたまらない♪

生活リズムも決まってきて、だいたいミルクを飲んですぐに30分~1時間の昼寝。

その後は地べたでゴロゴロ転がりながら遊んだり、奇声を出したり、笑ったり。

夜は8時半には必ず寝てくれます。

そして朝。

5時半頃には起床。

眠いわたしはトントンしながらどうにかごまかしてもう少し寝かせて~と試みますが、ダメ。

顔をパンチしてきて起きざるをえない・・・

起きてからはしばらくゴロゴロと遊んでいますが、やがてフガフガ眠いアピールをし始めて8時半ころに二度寝・・・

私はもう洗濯・掃除を始めていて寝るに寝られない。

人のこと起こしといて自分は二度寝かい!!

と突っ込む毎日。

でも有る程度リズムができるとすごく楽です。

他の子の話を聞いてるとチビタはとても手のかからない子です。

このまま順調に大きくなってくれるといいなぁぁ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木曜日)

3・4ヶ月健診

チビタは4ヶ月と4日での健診。

生後3ヶ月・4ヶ月の子がこの地域にこんなにいるのか!!ってくらい混んでてかなり待ち疲れしました・・・

経過は順調です。体重も6800gまで増えていました。

体重・身長は発育曲線の中でも小さい方かな?って感じなのに、なぜか頭囲だけは大きめ。

かなり頭でっかち。。。 子どものいる方は分かると思いますがバンボソファに座らせると3頭身くらいに見えてかなり笑えます。(バンボソファとは首が座った赤ちゃんが座れる補助椅子のようなもので、ママの間で結構流行っています)

泣きしながらBCGの注射をしてもらい無事に終了です。

なんだか感慨深いです。あっという間の4ヶ月。

存在感があまりに大きくて、まだ4ヶ月?という感じ。ずっとずっと長い間一緒にいるような感覚です。

チビタの風邪はようやく良くなってきて、実は1週間お風呂にも入れなかったけれど、先生にようやくOKをもらって1週間ぶりの入浴。

外出も解禁です。

ここ2週間近く、チビタの風邪が治るまでは無理しないようにと家にこもりがちで、正直気持もかなりすっきりしなくて、また落ち込む日々でした。

やっぱり適度に外出して気分転換しないと、家にいるばかりではいけないな。。。

何かを見たり聞いたりすれば、「あ~この頃は旦那さまと・・・」みたいな感じで思い出すばかりで涙が止まらないのです。

成長したチビタは心配そうに私の顔を覗き込み、励ますように笑顔を向けてくれます。

こんなに泣いてる顔を見せてばかりじゃダメだなぁと、できるだけ外出して気持を紛らわしています。

ただ、これから梅雨と真夏・・・外出しにくい季節なのが痛い。。。

記事にこうして愚痴ってばかりなのも嫌になってきてなかなか更新も少なくなってしまいました。

チビタは可愛くて子育てはとっても楽しいけれど、やっぱり満たされない思いが私を息苦しくさせています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月31日 (木曜日)

寝返り その2

前できたのはうつ伏せ⇒仰向けの寝返り。

今日できたのは仰向け⇒うつ伏せの寝返り!

これが普通の寝返りですよね。

でも、その後なぜかうつ伏せから戻れない・・・

うつ伏せになった瞬間は嬉しそうに頭を上げてニコニコしてるけど、そのうち疲れて頭がどんどん下がっていく・・・

やがて一生懸命足をけって前に進もうとしたり、体をねじらせたりしてるけど、うつ伏せの体勢は変わらなくてイライラ。。。そして「わぁ~~~ん」笑

うつ伏せが嫌になって大泣きです。

途中で助けてあげればいいのかもしれないけど、あまりに可愛くてずっと眺めて。。いや見守ってたら最後には大泣き。

ごめんごめん。と仰向けに戻してあげるとすぐに泣き止む。

でもまたコロンと寝返り。

チビタの風邪は相変わらず鼻水と咳です。薬を飲んでいるせいかよく寝てくれる。でもその分起きてるときはほとんどこの状態で、うつ伏せ⇒大泣き⇒仰向け⇒うつ伏せを繰り返してます。

一日一日の子どもの成長って本当にすごい。ある日突然何かができたりするんです。見ていて飽きない。



・・・ただ、この子どもの成長を喜び合う相手がいないってことをその都度思い知らされるのも確か。

「今日チビタがこんな表情したよ。こんなことできるようになったんだよ。」って共に楽しむ相手がいない。

そして旦那さまがいたらどんな風に・・・と思わずにはいられなくなります。

よく「2人なら喜びは倍に、悲しみは半分に。」と言うけれど、旦那さまが亡くなってから、喜びは半分に、悲しみは倍になったような気がする・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水曜日)

結婚記念日

ずっとずっとこの日が来るのが怖くてたまりませんでした。

一人で過ごすのが怖かった。でも親戚の集まりに誘われたけど、断ってしまいました。この日に旦那さまを一人にしたくなかったから。二人で過ごしたいと思ったから。

でも一人で何をしたらいいのだろう・・・とずっと考えていました。

結婚記念日当日・・・それどころじゃありませんでした。

結婚記念日前日、チビタは初めての予防接種をしました。三種混合一回目です。

実はチビタはちょっと前から咳き込むことがあったのですが、先生の診察でも

「ちょっと喉が赤いけど熱もないし、注射しちゃいましょう」ということで注射をしました。

Img_1524注射された瞬間から大泣きするチビタ。やっぱり痛いんだ~。

その日は怖い思いをしたかと思って沢山遊んであげたらご機嫌に。

でも夜になって、明らかにいつもより寝グズリがひどい・・・

初めておしゃぶりを加えさせてどうにか寝付かせました。ようやく寝た頃には私も激疲れ。

一緒に早い時間から寝てたら、また2時間後に大泣き。

抱っこしたらすぐに寝たけど、また2時間後に大泣き。

そのとき、ん??すごく汗かいてる・・・体が熱い!!!

おそるおそる熱を測ると38.6度。

風邪?それともワクチンの副反応?

夜中の2時。あわてて救急へ。でも特に処置をしてもらえなくて、朝を待って小児科へ連れて行きました。

薬を処方してもらい帰宅。その日一日はまったく熱が下がらず、ずっとチビタに付き添ってわきの下や頭を冷やしてあげました。

そう、この日が結婚記念日だったのです。

正直それどころじゃなくて、チビタの看病に必死でした。。。

今までみたことない勢いでミルクを吐いたり、鼻水・痰もひどくて咳き込むとひどく苦しそうで・・・

でも翌朝には熱が下がっていました。未だに鼻水・痰・咳はひどいけど、熱が下がってくれて一安心です。

なんか、結婚記念日に図ったように熱を出したような気が・・・

「感傷的になってる場合じゃないよ!」といわれた気がしました。笑

そうだよね、私はチビタを立派に育てなければいけない。

旦那さま、結婚記念日は何もできなかったけど、でもずっと傍にいて見守っててね。

翌日になって旦那さまの遺影の前でようやくこうして話しかけられました。

チビタはまだ咳き込むけど元気です。6ヶ月までは風邪を引かないと信じきっていた私。4ヶ月になる前に風邪を引かしてしまったことを反省です。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水曜日)

寝返り??

今日は朝、久しぶりにうつぶせにでもしてみるか~ってことでうつぶせにしてみたら、前よりかなり頭を上げるようになってました!

「すごいすごい~」といいながらビデオをすかさず手にして撮っていると・・・
コロン。
うつぶせから仰向けに!!

これって寝返りっていうのかな~??

「きゃ~チビタすご~い」
一人で大声出して喜んじゃいました。
しかもちゃんとビデオにも撮れた!

最近のチビタはかなり寝グズリが激しくてまいったな~って時もあるけど、こうして一つずつできることが増えていくとやっぱり嬉しい。

子育てってやっぱり大変だけど、チビタの笑顔を見たら癒されて、大変なことなんて全部とんでっちゃう。

こんな風に成長を目の当たりにするとなおさらです。

きっとこんなことを繰り返しながら母も子も成長していくんだなぁ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火曜日)

初節句&お食い初め

結婚してから初めて、どこにも行かずに家で過ごしたGWのメインイベントが初節句とお食い初めでした。

子どもができるって旅行に行けないことだなぁ。なんて思いながらせめてイベントを楽しもうと両親と旦那さまのお母さんを家に招いてお祝い。

初節句と言えば男の子は兜。我が家では私の父が持っていた60年という年代ものの鎧を飾りました。父が喜び勇んで持ってきてくれたものです。新品とは違って味があり、私も気に入っています。ただ鎧って夜中見ると動きそうでちょっと不気味・・・

鎧の両脇には両親に買ってもらった小さな鯉のぼりを飾って、4月半ばから初節句ムードはかなり高まっていました。

お食い初めは生後100日あたりにやるものらしいけど、チビタの場合はそれも近いので一緒にやってしまえということで、同じ日にお祝いしました。

鯛を買って、お赤飯炊いて、煮物作って、それらを友達がプレゼントしてくれたチビタの名入りの食器によそい、口に運んで食べさせるまねごとをしました。

たったこれだけのことだけど、写真とビデオを一杯とってチビタが元気に育ちますように、そして食べ物に困りませんように(笑)って祈りながらのお祝い。とても楽しんでいる自分がいました。

子どもの成長と同時にこういう行事を楽しんでいくことって大事ですよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水曜日)

最近のチビタ

毎日毎日いくら見てても飽きないチビタ

今はこぶしを口にひたすら持っていきます。

そしてチュパチュパとなめている。これってその手が自分の手であるということを認識するための大事な過程らしいです。

ただチビタの場合は夢中でこぶしを口に入れて、一人でむせてせきこんでいることも・・・

そんなに必死にならなくても。って思わずつっこみたくなります。

つっこみといえばもう一つ、赤ちゃんがお腹がすいて泣くのは分かるけど、眠くて泣くときは「眠いなら泣いてないで寝ればいいのに」と思わずには居られない。

今もようやくグズリが終わってチビタは夢の中。

いっちょまえに、隣でいびきをかいています。。。

私の親ばかぶりも発揮されてきて、朝「おはよー」と声を掛けると、チビタが「うううー」と真似して「おはよー」って聞こえる!友達に話すと「はいはい」と聞き流されてしまうけど。笑

先週、旦那さまの入院していた病院と免疫療法でお世話になった先生のところへご挨拶しにチビタを連れて行きました。

旦那さまの会社でもそうでしたが沢山の人に抱っこされるチビタ。

「みーんな、パパがとってもお世話になった人なんだよ。」と言い聞かせ、写真をパチリ。

旦那さまが亡くなって4ヶ月近くたち、こうしてようやくお世話になった人達のところへ行くことができるようになって、本当に旦那さまはこんなにも良い人たちに囲まれていたんだなと実感します。

会社の方も病院の先生・看護士さんも皆あたたかくチビタを迎えてくれて温かい目で見てくれました。

チビタが大きくなってお話ができるようになったとき、沢山話をしてあげたいと思います。「パパはこんなに素敵な人たちに支えられていたんだよ」って。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧