2006年2月28日 (火曜日)

同じ痛み

ずいぶん日にちが空いちゃいました・・・

改めてブログがんばっていきます。。。。

先日、去年私と同じ週数ほどで流産した友人と電話で話しました。

その友人とは生後6ヶ月ほどから一緒にいた、いわゆる幼馴じみです。

今はお互い家庭を持ち、昔ほど頻繁に会うことはありませんが、去年の秋ころ、「私流産しちゃったんだ・・・」と食事に行ったときに打ち明けられました。

そのとき、私は彼女に、「大変だったね。でも初期流産て多いらしいよ。」こんな言葉をかけていました。

自分がその立場にたった今、なんて無神経な言葉をかけていたのだろうと反省し、彼女に申し訳ないことをしたなと思います。

電話で、「実はね、私も先月末にね・・・」と話してみました。友人に話すのは初めてでした。

そろそろココロが立ち直ってるかな?と思ったのと、これをきっかけに以前私が彼女に言った無神経な発言を謝ろうと思っていたのです。

彼女は無言になりました。同じ経験をした彼女だからこそ気持ちを察してくれたのでしょう。

「つらかったよね。この気持は経験した人しか分からないことだけど、でも絶対時間が経てばココロの痛みは和らぐから。。。」

彼女はそう言ってくれました。私は電話口で涙が出ました。やっぱりまだダメだな。。。

私は彼女に以前自分が逆の立場のとき彼女に言ったことを謝りました。

彼女は「同じ経験をして欲しくなかったな」と言ってくれました。彼女は未だに子供ができず悩んでいるようでした。

今私が彼女にかけてあげられる言葉は何もなく、私はただ彼女の優しい言葉に甘えて泣いてしまいました。

もっと強くなりたいな。もっともっと。

優しい言葉をかけられて涙するようじゃ、まだまだ母にはなれない。

強くならなきゃ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月31日 (火曜日)

涙がとまらない。

もうこうなったら悲劇のヒロイン状態です。

とことんまで落ち込んでしまおうってかんじです。

下腹部痛は収まることなく出血も続くこの体・・・

出血を見るたびにあのかたまりが出た時を映像として思い出してしまう。赤ちゃんになるところだったのに。。。

血を見るたびに涙が止まりません。ほんの何日間だけだったけど、確実に赤ちゃんは私のおなかにいたの。

いなかったことになんてやっぱりできません。

自分がここまで落ち込んでることに実は一番驚いているのは自分だったりして。

こんなに涙が出るんだ。。。こんなに立ち直れないんだ。。。

今は無理して立ち直ろうとせず事実を受け入れられるまで、自虐的にいけるところまで落ち込んでみます。

ゆっくり休んで心身ともに回復するのをゆっくり待ちます。

それにしても体を起こしている時間が長くなると下腹部がチリチリ痛くなってくるのですが、

やっぱり重力が子宮に負担をかけているのでしょうか。。。

女性の体ってほんっとうに不思議です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月曜日)

残念ながら…

今回はダメでした。枯子卵といって、いなかったと考えていいものらしいです。特に処置も必要なく、しばらく安静にしているだけでよさそうです。
今回何年分泣いただろう?っていうくらいとてもショックな出来事でしたが不妊じゃないことがわかっただけでもよかったと考えるようにします。前向きにね。
次に流産する可能性は12%ほどらしく、次は大丈夫でしょうから。。との心強いお言葉を先生にいただきました。
同じような経験をしている方は意外と多いと思いますが、これも夫婦愛が増すきっかけとして乗り越えられると幸せですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日曜日)

ショックです

今日朝起きると鮮血が!昨日から止血の薬を飲んでいるのに…ショックです。
もう駄目なのかなぁ。でもまだ望みはあるかなぁ。とりあえず今日は体もだるいし、一日安静にしてます。
今年のおみくじに、丈夫な女児とあったのを信じて、赤ちゃんを信じて。
今日は休日出勤の旦那も出かける前にとても心配そうにしていて、鮮血がでた話をしたら涙を流して何もしてあげられなくてごめん、ありがとうって。
えらい人です。
下腹も痛いですが、胃が痛いのは何か関係あるのでしょうか?
今は信じるのみ!つらいけど頑張りますよ〜!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)